岐阜の市へ


 

岐阜の材木市へ行ってきました

暮れのいそがしい時に一日半つぶれましたが、無理して行ってきて良かったです

仕事が片付くまで、しばらくは休みなしです

 

さて、市の前日から岐阜方面に行きました

探している木が京都、大阪ではなかなか見つからず

岐阜の材木屋を数軒まわりましたが、う~ん、、、といった結果でした

思い通りの木を探すのは中々大変です

 

その後、平野木材さんへ市の下見に

銘木級のものから、焚き物級のものまで色々とありました

木の質や寸法、乾燥の度合いなど、一本一本見て回ります

狙いをつけた木は体積と単価を計算してみて、

自分の中での予算をあらかじめ勘定して競りに臨みます

市の相場をつかめるまでは、気分だけであれこれ手を出すと多分困ったことになります

下見が済んだ頃にはすっかり夕暮れ時でした

 

 

平野木材
下見が済み、夕暮れ

 

 

翌七時から競りが開始

日本各地から材木屋、建築屋、木工屋が集まってきます


昔だったら個人客なんて出入りできなかっただろうに、

次々と勝手に木が売れていく時代ではなくなったのでしょう

個人でコツコツやっている者にとってはありがたい事です

 

 

平野木材
テンポの良いかけ声

 

 

狙いをつけた木全て落札、とはいきませんでしたが

それでも軽トラ一杯になりました

もう少し頑張っておいてもよかったなという木もいくつかありましたが、

この反省はまた次回に活かせるようにと思います

 

今回の木は、すぐに使えるものと、

忘れた頃に活躍してくれそうな木と色々でした

いつでも手に入るような木を在庫する値打ちはあまり無いと思いますが

将来にわたって値打ちが上がる(と思われる)木は頑張って持っておく意味があると思います


来週は岐阜銘協の市ですが、ちょっと時間がなさそうです

市へは今後も定期的に行こうと思います


 

岐阜 材木市
楢と樺と栗などを買いました