針葉樹の仕事


 

ゴールデンウィーク真っ只中です

四月は針葉樹をたくさん使いました

 

桧の大きな壁収納

柱と柱の間にはめ込む形で

お誂えさせていただきました

 

図面
図面。前面は京都の桧、本体はシナ。

 

抽斗は木釘組み ↓

 

空木の木釘でかっちりと組みます
空木の木釘でかっちりと組みます
抽斗 仕込み
本体に納まるように鉋で削って仕込みます
神代欅 引き手
引き手は神代欅で作りました。深みのあるきれいな色です

 

下は引き戸の部材↓

 

数がたくさんなので、加工精度には気をつけます。
数がたくさんなので、加工精度には気をつけます。
木 伸縮
鏡板は上から落とし込むつくり。木が伸縮出来るように、接着はしません。
赤杉
手掛かり部分にはきれいな赤杉を嵌めました。内部は可動棚になっています。

 

現場がおさまったら、ぱぱっと片付けて、

サーっと引き上げる習性がついてしまっているので

今回も現場写真はありませんが、、、

独立以来、一番大きい仕事になりました

どうもありがとうございます

 

別注家具 桧
下鴨のお客様からのご依頼で製作させていただきました。搬入は赤帽さんと二人三脚。

 

 

針葉樹の仕事もう一つ

格子戸を作らせていただきました

 

この建具は、絵師をされている知人のご新居にはまるもの

いわゆる施主支給のお手伝いをさせていただきました

どうもありがとうございました!

 

格子戸
格子戸2種。奥はスリガラス入り。

 

 

「割貫」という方法で作りました

文字通り貫(横方向の部材)が前後2枚に割れているのです

 

まず一枚目の貫を横方向に通してやります

そして、縦桟を溝にはめ込みます

 

割貫
割貫 - 一枚目の貫

 

そして裏側にもう一枚の貫を通していきます

手はかかりますが割貫にしてやると

縦桟がしっかりするのと、

表からも裏からも同じ見え方になります

 

割貫
割貫 - 二枚目の貫を差し込んでいきます

 

 

さて、午後から久々の休み

スーパーで材料を買い込み

庭で炭をおこして、にわか炭焼会と相成りました

 

ハラミ
お肉はオージーのハラミ。皆さまもどうぞ良い連休を!