欅の仕事


 

節分もすぎ、立春もすぎました

先日、散歩がてら吉田神社の節分祭へ行ってきました

楽しい夕方の一時でした

 

吉田神社 節分祭
節分祭 - 松井酒造のにごり酒が◎

 

仕入れで訪れた高雄の材木屋では

メジロに出会いました

週末はまた雪の予報になっていますが、、、

春遠からじ、ですね

 

メジロ
高雄のメジロ

 

材木屋では桧を仕入れました

近々家具に変身します

 

桧
地の桧

 

 

さて、今年は欅の仕事から

始めは仕事半分、勉強半分

公募展の品

送り蟻
送り蟻 - コンコン叩くと入っていきます

 

送り蟻は昔からある反り止めの工法で

蟻桟と違って、蟻が外から見えません

木地が仕上がって、今は漆を塗ってます

送り蟻
送り蟻、中はこうなってます

 

次も欅

蟻組みとホゾ組みで

 

しっかり組みます

栃 テーブル
しっかり組みます(これは栃)

 

テーブルです

天板は栃の一枚板

栃 一枚板テーブル
形も杢も主張する天板なので、脚はシンプルに

 

天板は動きを考慮して

粗削りの状態で半年か一年程使っていただき、

頃合をみて改めてキレイに仕上げます

 

気の長い仕事におつき合いいただき、

ありがとうございます

 

下は座卓仕様

時季によって脚を取りかえられるよう、

天板裏には座金を埋め込みます

栃 座卓
施主は塗師なので、塗ったら別物になります

 

お次も欅、細かいお仕事

ヤカンのツマミと取っ手

かわいらしいものになりました

欅
取っ手とツマミ

 

逃げる二月、去る三月、と言いますが

そうならないよう頑張ります(;_;)

 

図面書き
図面は手書き(パソコンは目が疲れるので)